NLP&実践心理学トレーナー 鷺本晴香 ブログ

鷺本 晴香 さぎもとはるか 実践心理学研究所 所長
  株式会社 Meta-Dsign-Development 代表取締役
NLP心理学、色彩心理、ブリーフセラピー
非言語心理学などを日常で生かすブログです。
鷺本晴香 公式HP http://www.meta-d.com
NLPを大阪で学ぶなら実践心理学研究所 http://metanlp.net

2013年11月

非日常で心をワクワクさせる

大阪の中之島にあるとある事務所で打ち合わせをしていたら、ネコがケンカしているような・・・・そんな声が!!


窓に目をやると!!!

海鳥の乱舞!


ここは、海でもなく、海岸でもなく・・・・

向かいには大阪市役所がある都会のはず目


あせって、乱舞は撮れませんでしたが近くにきた所をパシャり!!


心が和む、非日常。
楽しい気分を事務所という殺風景な場にくれました。



本年度、最後のワークショップは12月7日大阪

夢の実現講座10時~12時半があります。

来年の自分の夢をかなえる準備をしませんか?


今日も、素敵な一日を合格


実践心理学研究所 所長 鷺本晴香のつぶやき日記




自信をなくした場合どうする??・・・・

自信ってどこからくるんでしょう?


産まれた瞬間にあるものですか?


トライして、上手くいったと、自分がおもい

周りの評価もそうであったときに、一番自信って

つくんじゃないでしょうか?


自分で上手くいったとおもっても

社会や、他者の評価がズタズタのときも

ありますよね・・・・・


うん、これを学ぶのには、スポーツ選手を

私、振り返るんです。


スランプに落ちて、そこから・・・
皆さんのヒントになればいいな~と思います。



中村俊輔 選手
「書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる」

「ノートを書くことで落ち着けるし、過去の自分の歩みが綴られているから、時間が経ってからそれを読むと、いろんなことを再発見できる」とのこと。


長友佑都 選手
「おいしいものを食べたらそれをおいしいと感じること。そしてそれに感謝すること」

感性を十分に使うことで視覚が覚醒し、視界が広がり、切り込んでいく道筋が見えてくるということです。


王貞治 さん
「スランプを脱出するには、練習しかない。練習で本来の姿を戻すしか方法はないんだ」

当時の監督に二本足に戻したらと言われた時「簡単に二本足に戻せというが、失敗したら誰が責任をとってくれるんだ」と言い放ったそうです


私、鷺本晴香の場合
①好きなスポーツ(登山)をする←目
②美味しくご飯を食べる合格
③自分の人生スケジュールを練る(過去、現在より、未来に意識をもっていきます)


では、寒くなってきましたが風邪にお気をつけて。


実践心理学研究所 所長 鷺本晴香のつぶやき日記

憧れのプロ登山家の竹内洋岳さんと・・・・・・(^^)


Twitter Icon
by www.twittericon.com
株)Meta-Design-Development

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ