NLP&実践心理学トレーナー 鷺本晴香 ブログ

鷺本 晴香 さぎもとはるか 実践心理学研究所 所長
  株式会社 Meta-Dsign-Development 代表取締役
NLP心理学、色彩心理、ブリーフセラピー
非言語心理学などを日常で生かすブログです。
鷺本晴香 公式HP http://www.meta-d.com
NLPを大阪で学ぶなら実践心理学研究所 http://metanlp.net

日々の気づき

なんとかできるという祈り・・

よく企画するが、その年齢の人の気持ちに
なりきって情報を探し、創造性を働かせる。


現在、過去、未来を頭の中で行き来しながら

情報を模索し新しい何かを生む。


もちろん、コストや納期など要望に目配せ

しながらアイディアを練る。


私は、そのちょっとした制約が嫌いではない。
負けず嫌いなのかわからないが、それを

乗り越えてなんとかすることが好きなのだ。

(山にも近いものがある)

今日もそうだった。


なんとか出来るという祈りにも近い気持ちで

いつも仕事をさせてもらっている。


先日、テレビで見たのだが・・・
重森美玲も東福寺の石庭の再建の時

(台風で全滅したから)

寺から、一つのこらず以前の石など材料は

使用するようにお願いされたようだ。


庭のリノベーション~~


そんな制約を制約と感じさせない仕事ぶりが

個人的には大好きなのだ。


dsc00378

相手は敵ではない

【相手は敵ではない】


たとえば、交渉しているとき、厳しい突っ込みとともに、できない理由を述べられる。

そんな時は、ついつい反論したくもなるし、感情的にもなってくる。

段々、相手を敵と思ってしまう。
誰もが体験したことがあるのでは・・?
負けず嫌いだと余計にかもしれない。


そんな時「交渉の相手は敵ではない」と心の中でつぶやく。


先日も、これを思い出す機会があった。
この敵ではないというのが腑に落ちるのが非常に大事。


協力してもらったり、お願いすることになる相手。

憤慨しても、状況は悪化するのだから。







放浪癖と帰れる場所のバランス

放浪癖・・・時々、疼く。これは親父の遺伝かも、苦笑。
知らないな場所、そのドキドキした感じと冒険が好き。
でもそれは、帰れる場所があるからなんだと思う。


山の岩壁の危ない核心部を通るときも、帰らなくっちゃ!と思って気を引き締める。
正反対なことなんだけど、両方がとても大事。


そして、今日も、初めての場所より非言語コミュニケーションの研修オファーをいただく。

初夏は千葉に長期滞在になりそうです。
身振り、手振り、ファッション、ヘアーメイクなど言葉以外の影響について。。。。
要望してくださるから仕事になる。


やりたいことだけをやるのではなく、望まれてるか?も大切なことだと気を引き締めて。

人生の折り返し地点で喪失感を味わう、そしてそこから自信のつけ方・・・①

たぶん、このテーマは何回か連続テーマになりそうな予感。

今日、友人が今後のことを考えるために「いつもと違って
ホテルでゆっくり朝食を食べている」とFBに投稿していて
「それ、わかる~!!」と思ったんですよね。

人生、半分すぎてくると、これからできること、あきらめること
も何となく、じんわりと、わかってくる。

特に独身で、自分で人生切り開いてきた女性はそうよね。
一番はじめに思うことは、子供は無理だな~という
人生に対しての初めての諦めなのかも。

頑張ってきた人こそ、脱力というか
・・・やる気がでなくてつい、悶々としている。
仕事もそこそこ、楽しくしているけど
ん??このままでいいのか?と自問自答している感じ。
アクセル踏んで、ブレーキ踏むやる気のなさ(笑)

で、やっと出口が見えた私です。

人生の中でここ5年は何か悶々としてました。
私が何をどうやって、もがいてきたかは誰もしらない。
もがいてきた内容を書いてみようと思います。
表向きは仕事、趣味にアクティブな人ですから。

自己啓発は一瞬のアドレナリンはでるでしょう。
でも、私はその業界もよく知っているから、なおさら
そこに突っ込まず、、、、

まず、何をしたか?
1人旅です。
自分と会話できるだろう!と。
できるけれど、孤独をタップリ味わう作業(苦笑)

今でもたまにしますが、効率いいのはこれではなかった!

次にしたことは・・・
長くなりそうだから次回に続く・・・にしますね。
読んでくれてありがとう。つづく・・・

私はどうしてその人から車を買ったのか?

こんにちは。

数年ぶりに車を購入すると決めて四カ月。

四駆で小型の中古車、探しておりました。
なかなか見合うものがなく、かなりの遠方に
希望の車種があったので見に行くことに。

その販売店に問い合わせると
「外回りの傷は小傷で気にならない程度です。」
と聞いていたのですが、実際は目立つ
擦り傷を、ご自身の手で補修されたペンの後が。。。。
「この傷が気になるわ」というと「そうですか?」とのこと。

もう、ありませんね。ここで購入するのは・・・

そこで、ネットでもう一台、近隣で気になる車があったので
見に行くと「気になる擦り傷があるので、見てもらえますか?」
とのこと。
見ると車体がシルバーのせいか、ほとんど目立ちません。
そして、その車の気になる所もちゃんと伝えてくれました。

こだわってもっと、探してもよかったかもしれませんが
条件もほぼあうのですぐに、購入を決めました。

相手の意見をきちんと受け入れる。

相手の立場に立った言葉使い。

やっぱりこれですね!!
それがあったので、この車にしました。
第二希望の車種でしたが、最後は人で購入しました。
自分も気を引き締めようと痛感した次第です。

ではまた!お読みいただき有難う。
Twitter Icon
by www.twittericon.com
株)Meta-Design-Development

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ