関西の某企業が集まる団体様の

企業講演に行ってきました。

50~60代の男性がほとんど。


グレーの服装の方が多い~

また、スーツのサイズが大きい

方が多くて、残念!

大きいとだらしない印象になるの

よね。ほどよいサイズが重要目


そこで、奮起一発な講演でした。


内容は。。以下が概要です!!


人への影響力は、見た目で値踏み

されることが多いことを

ご存知でしょうか?


6割程度は服装や表情から受ける

印象で相手の性格や傾向を思い込む

パターンが脳のプログラムにあります。


また、自分の顔の変化など、

毎日の変化に気付かないことも人には

ありがちなことです。


毎日、使っていると慣れがでてきて、

愛着へと変化します。

似合うではなく、着るのが

習慣になっているのではないでしょうか?


今一度、現在お似合の装いを客観的に

観察し、昔の思いこみを手放すことも

好印象へのコントロールに役立ちます。


それは、サイズ、色あわせ、素材感などの

トータルな調和から生まれます。


装いは、着替えるだけで即効性があり

ますので、影響力のある役職の方は

もちろん、人を関わる方すべての方に

見につけていただきたい実践スキルです。


ぜひ、面談の時、謝罪の時などシーンごと

に装いを使い分けて効果的な人物像の

プレゼンテーションにお役立てください。


以上を数人の方の実際の服装を

チェックしながら

資料のボードを見ていただきました。

(これは、非公開なので・・・失礼あせる


実践心理学研究所 所長 鷺本晴香のつぶやき日記


鷺本 晴香